<中小企業しごと魅力発信プロジェクト>

中小企業しごと魅力発信プロジェクト 東京カイシャハッケン伝 東京カイシャハッケン伝

文字サイズ

menu

マイロールモデル
この人のように働きたい!自分の目標となる人

マイロールモデル この人のように働きたい!自分の目標となる人

ハツタロー
「あの人のようになりたい」「あの人のような働き方をしたい」
自分の目標となる先輩社員がいるからこそもっともっと頑張れる。
憧れの「マイロールモデル」を聞いてみた。
ハツタロー
株式会社コーソル Oracleサービスグループ 課長 伊藤大悟(いとう だいご)

株式会社コーソル

Oracleサービスグループ 課長
伊藤 大悟さん

仕事、子育て、プライベート。どれも妥協しない理想の働き方を実現したい。

ITシステムの心臓部ともいえるデータベースに特化し、設計・構築から運用、保守・サポート、そしてデータベースを有効活用するためのコンサルティングまで一通りのサービスを提供しているコーソル。
高い技術とサービスの提供だけでなく社員の満足度向上にも力を入れている。特に「子育て支援」においては2016年「子育てサポート企業」として厚生労働大臣の認定を受け、くるみんマークを取得。女性社員のみならず、男性社員も積極的に育児休業を取得しているという。
入社9年目の伊藤大悟さんは、第2子誕生を控えて育児休業取得の準備を進めている。

上司からのアドバイスで育休取得を決意。先輩ママ・パパは全員がロールモデルです。

普段はクライアント先に常駐し、リーダーとしてチームをまとめながらデータベースの運用をはじめとするコンサルティング業務に当たっています。育児休業を今回取得することにしたのは、同じく第2子誕生時に取得した男性上司の話があったからでした。その上司が言うには、「子どもが1人と2人では子育ての大変さは段違いだし、まだ甘えたい盛りの子どもにも寂しい思いをさせてしまう。だから育児休業を取って良かったと思っているし、取った方が良いのではないか」とのことでした。実体験があっての言葉ですから重みがありましたね。

それまでは、妻は専業主婦ですし里帰りもすることから、私が育児休業をとる必要はないと考えていましたし、長子のときに取らなかったのもそうした理由からでした。しかし、今回は上司のアドバイスもあって妻と相談し、妻が実家から帰ってきて長子が幼稚園に入るまでの2週間、育児休業を取得することにしました。
上司からのアドバイスがなければ、そのような発想には至らなかっただろうと思います。

笑顔溢れる東京湾クルーズの様子 仕事の話から子育ての話まで、なんでも相談できる関係だ

また、育児休業取得を社内に伝えたところ、周りのママ・パパ社員からも色々なアドバイスをもらいました。当社では、役職者も積極的に育児休業を取っていますし、復帰して子育てと両立しながら活躍しているママさんエンジニアも多く在籍しています。そんな風土ですから、子育てや仕事とプライベートの時間の使い方など、たくさんヒントをもらえるのはありがたいですね。エンジニアとして自分の仕事に誇りを持ちながら、プライベートも充実させ、ときに子どもの自慢をしながら目を細める。そんな生き方はとても輝いて見えますし、そういった意味では先輩ママ・パパ全員が私のロールモデルといえるかもしれません。

CONTACT

東京都主催
「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

TEL03-3479-0293
(電話受付 平日 9時30分〜18時30分)
FAX03-5413-3020
Mail
東京都
Facebook Twitter
Facebook Twitter
江戸っ子1号プロジェクト 中小企業しごと魅力発信 取り組みレポート キャラクタープロフィール モノづくり、ものがたり TOKYO はたらくネット 東京しごとセンター 東京都産業労働局からのお知らせ 東京カイシャハッケンツアー 冊子バックナンバー
pagetop

CONTACT お問い合わせ

東京都主催「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

〒107-0062 東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル西館15階(アクセスヒューマネクスト内)

TEL:03-3479-0293 (電話受付 平日 9時30分〜18時30分)

FAX:03-5413-3020

※本事業の事務局は、東京都より㈱アクセスヒューマネクストに運営を委託しております。