<中小企業しごと魅力発信プロジェクト>

中小企業しごと魅力発信プロジェクト 東京カイシャハッケン伝 東京カイシャハッケン伝

文字サイズ

menu

やりがいハッケン!
自分の考えを尊重してくれる社風

やりがいハッケン!自分の考えを尊重してくれる社風

ハツタロー
若手のうちから活躍できる
チャンスが高い中小企業
社員の考えや意見を大切にし、
社員の成長とともに
会社の成長を目指す企業が数多くあります。
ハツタロー
株式会社三企 丸山 和博 代表

株式会社三企

代表
丸山 和博

丸山 和博 代表

「自分のしごとは、自分が社長」が社是

たとえば、ガソリンスタンドで店員に「オイル交換したほうがいいですよ」と言われたら、たいていの人は交換しますよね。現場の職人だって、「こうしたらどうですか」と提案できれば、お客様も「それはいいね」とか「もっとこうしてほしい」という会話になり、仕事につながっていくものです。つまり、設備の職人だからといって黙って自分の仕事をして終わりではなく、もっと守備範囲を広げればいいのです。
職人に仕事がついてこないのは、ヒト・モノ・カネを自分で「決められる」幅が狭いから。当社の場合、現場で必要なスタッフの手配も、原価出しも見積書の発行も、更には請求書の発行もすべて職人が行います。当社の職人はそれぞれが自分で「決められる」社長と同じなのです。

株式会社ライズテック ソリューション本部 青木 俊幸 さん(入社4年目)

株式会社ライズテック

ソリューション本部
青木 俊幸 さん
(入社4年目)

ソリューション本部 青木 俊幸 さん(入社4年目)

支社設立・運営への協力に挙手

ライズテックは今、支社を作ろうと動いています。初めてそれを聞いたとき、自分も関わりたいと申し出たところ会社は快諾してくれました。自分にできる事は何かを考え、顧客を開拓する営業活動や、人材の確保などを手伝いたいと提案しました。会社からも「会社の事業が広がって、社員がますます活躍できるのは会社・社員双方にとって良いこと。青木さんの裁量でできるようになってもらいたい」と言ってもらえました。すごくうれしかった ですね。
システムエンジニアの仕事はサテライトでもできるという特徴があります。もし支社勤務になっても、今抱えている東京のお客様の対応も続けられるし、新しい事にもチャレンジできる。すごく楽しみです。そのための準備として今も色々な経験をさせてもらいすごくモチベーションアップになっています。

株式会社葵製作所 営業部 石川 義 さん(入社2年目)

株式会社葵製作所

営業部
石川 義 さん
(入社2年目)

営業部 石川 義 さん(入社2年目)

勝機を感じて新商品を提案 お客様の喜びが達成感につながる

入社1年目のときに、新商品の開発に取り組みました。問合わせを頂いたお客様の元に訪問したところ、「これと同じものを作ってほしい」と現物を渡されたのです。これまでに当社では請けた事のない仕事でしたが、コストや納期の面で「会社にとって良い仕事になる」と勝機を感じました。そこで社長に提案したところ、「チャレンジしてみると良い」と言って頂き、引き受ける事になりました。他社ではできない仕事だったので、お客様に「やります」と伝えたときはとても喜んで頂けましたね。預かった現物を解体して寸法を測り、自分で図面を起こして製造部リーダーと打ち合わせを行い、組立 てまで自分で行いました。
自分で考えて行動したからこそ、完成した試作品に満足して頂けたときの達成感も大きかったです。今では継続した商品の1つとなっています。

株式会社サンテックコーポレーション 営業部 榊原 廉 さん(入社6年目)

株式会社サンテックコーポレーション

営業部
榊原 廉 さん
(入社6年目)

 営業部 榊原 廉 さん(入社6年目)

お客様の声を聞ける立場を活かし商品開発にも携わる

当社は少数精鋭の職場ですが、職種に限らず社員のやりたい事や希望を受け入れ、挑戦させてくれる環境があります。幅広い業務に携わらせてもらえる分吸収するものが多く、自分の成長を実感できる機会がたくさんあると思いますね。
私は営業職として、お客様の意見を直接聞ける立場にいるので、その声を商品やメニューにダイレクトに活かしたいと思い、自ら社内にあるテストキッチンに入って機械や食材のサンプルテストやメニューの試作を行っています。自分が考えた商品やメニューを社長や先輩方に認めて頂き、世の中に送り出せたときの嬉しさは何ものにも代えられません。
また、私は入社時、自社の製品を知るための研修として2週間ほど工場に入り、製造にも携わりました。この経験の一つひとつが、お客様への説明と説得力、そして新たな製品のアイデアにつながっていると感じています。

CONTACT

東京都主催
「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

TEL03-3479-0293
(電話受付 平日 9時30分〜18時30分)
FAX03-5413-3020
Mail
東京都
Facebook Twitter
Facebook Twitter
江戸っ子1号プロジェクト 中小企業しごと魅力発信 取り組みレポート キャラクタープロフィール モノづくり、ものがたり TOKYO はたらくネット 東京しごとセンター 東京都産業労働局からのお知らせ 東京カイシャハッケンツアー 冊子バックナンバー
pagetop

CONTACT お問い合わせ

東京都主催「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

〒107-0062 東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル西館15階(アクセスヒューマネクスト内)

TEL:03-3479-0293 (電話受付 平日 9時30分〜18時30分)

FAX:03-5413-3020

※本事業の事務局は、東京都より㈱アクセスヒューマネクストに運営を委託しております。