<中小企業しごと魅力発信プロジェクト>

中小企業しごと魅力発信プロジェクト 東京カイシャハッケン伝 東京カイシャハッケン伝

文字サイズ

menu

TORIKUMI REPORT中小企業しごと魅力発信プロジェクト 取り組みレポート

中小企業しごと魅力発信取り組みレポート 中小企業しごと魅力発信取り組みレポート

第二回:企業×学校関係者就職情報交流会 / 12月12日(火)実施

年の暮れ迫る12月12日、新宿のNSビルイベント大ホールで「企業×学校関係者就職情報交流会」が開かれた。このイベントは、若い人材を求める中小企業と、学生に優良企業を紹介したい学校関係者が集まり、交流を深めるというもの。当日の様子を紹介する。

交流会場の様子 交流会場の様子

キャリアカウンセラーによるアドバイス

この日集まったのは50校近い学校関係者と100社以上の中小企業。学校側はキャリアセンターの職員らが顔をそろえ、間仕切りで区切られたブース内に待機。そこに中小企業採用担当者や社長自らがアプローチしていく形で交流会は進んでいく。
それに先立ち、学生へのキャリアカウンセリングを主業務とするキャリアフラッグ株式会社の中田順平氏から、ブースを回る際のアドバイスがあった。
「釈迦に説法かと思いますが、日本の労働人口は2025年までに450万人が減少するといわれています。一方、中小企業の採用意欲は高まってきていますから、これまで以上に人材確保に力を入れていかなければなりません」
そうした状況下においての採用活動で大事なのが、学生を知ることと続ける。
「学生が注目しているのは、自分のやりたい仕事ができるか、安定、社風、給料、福利厚生です。給料や福利厚生はデータとして求人票に載せればいいのですが、やりたい仕事ができるのか、安定しているのか、社風といった情報は大学側が見えにくいポイントになります。ですから、大学を回る際はやりがいを含めた仕事内容、安定性や将来性、社員の人柄などをぜひアピールしてください」

採用活動時のポイントを講演する中田順平氏 採用活動時のポイントを講演する中田順平氏 多くの中小企業の採用担当者が集まった 多くの中小企業の採用担当者が集まった

企業の積極的なアプローチで交流会スタート

中田氏によるアドバイス講演が終わると、いよいよ交流会がスタート。瞬く間に全てのブースが埋まり5社、6社ほどの列ができているブースもあった。
各採用担当者は「当社は高齢者向けの介護付きマンションを運営していて、一人ひとりに寄り添った介護を目標に・・・」、「当社はIT企業には珍しく、35年ほどの歴史のある会社でして・・・」と自社の特徴を分かりやすくプレゼンテーション。大学側も採用担当者の生の話を聞けるのは希少な機会とあって、「面接は何回ですか?」、「採用は理系だけ?」などと真剣な様子。参加企業の一社に話を聞いてみた。
「当社ではソフトウェアの受託開発をしています。人材確保に力を入れてはいるものの、なかなか集まらない状況。昨年の新卒は20件の応募があって、内定を出したのは5人。しかし、辞退が3人出て、結局2人しか確保できませんでした。一度にこれだけの大学と交流が図れるのはなかなかないチャンス。積極的にアピールしていきます」
採用担当者にとってはこのチャンスを何としても実りあるものにしたいところ。そんな熱い思いがひしひしと伝わってきた。

大学へアピールする採用担当者の姿は真剣そのもの 大学へアピールする採用担当者の姿は真剣そのもの 社長自ら参加する企業も少なくなかった 社長自ら参加する企業も少なくなかった

終了時間間際まで積極的プレゼンテーションが続く

売り手市場とはいえ、深く考えずに就職すればそれで良いというものではない。学生がいかに納得できる就職ができるかをサポートするのは大学の命題である。参加大学の担当者に話を聞いてみた。
「大学に求人票を送っていただける企業は少なくありませんが、求人票だけではどんな会社なのかイメージが湧かず、学生も興味を抱きにくい。私自身、キャリアセンターの窓口で学生に企業紹介をするときに、求人票だけだと表面的な話しかできません。その点、企業と直接話せれば、具体的な業務のイメージが掴めるような話ができます。過去には企業の採用担当者に『こんな学生がいるんですが、どうですか?』と直接お話をして採用に繋がったケースもあるので、積極的に企業とコミュニケーションを取っていきたいです」
3時間30分の交流会は、盛況のうちに終了間際の時間を迎えた。時間ギリギリまでプレゼンテーションをしていた、高齢者介護や知的障害者支援をする社会福祉法人の担当者はこう話す。
「人手不足に悩まされているにも関わらず、きちんとした採用担当者を置いていないので満足な採用活動ができていません。こうした交流会があると効率的に挨拶回りができますし、他社の採用担当者の方と情報交換もできます。もっと頻繁に開催してほしいですね」
交流会はこうした企業の採用上の課題を解決する一助にもなっていた。参加した企業、大学はそれぞれ実りある時間を過ごしたに違いない。

会場内にはキャリアカウンセラーによる個人相談ブースも設置。採用活動のアドバイスなどを行っていた 会場内にはキャリアカウンセラーによる個人相談ブースも設置。採用活動のアドバイスなどを行っていた 時間ギリギリまで企業のプレゼンテーションは続いた 時間ギリギリまで企業のプレゼンテーションは続いた
CONTACT

東京都主催
「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

TEL03-3479-0293
(電話受付 平日 9時30分〜18時30分)
FAX03-5413-3020
Mail
東京都
Facebook Twitter
Facebook Twitter
江戸っ子1号プロジェクト 中小企業しごと魅力発信 取り組みレポート キャラクタープロフィール モノづくり、ものがたり TOKYO はたらくネット 東京しごとセンター 東京都産業労働局からのお知らせ 東京カイシャハッケンツアー 冊子バックナンバー
pagetop

CONTACT お問い合わせ

東京都主催「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

〒107-0062 東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル西館15階(アクセスヒューマネクスト内)

TEL:03-3479-0293 (電話受付 平日 9時30分〜18時30分)

FAX:03-5413-3020

※本事業の事務局は、東京都より㈱アクセスヒューマネクストに運営を委託しております。