<中小企業しごと魅力発信プロジェクト>

中小企業しごと魅力発信プロジェクト 東京カイシャハッケン伝 東京カイシャハッケン伝

文字サイズ

menu

TOKYO SHIGOTO WAGON REPORTトーキョー・シゴト・ワゴン 実施レポート

実施企業一覧

第1回(1社目) カインズ株式会社(カインズグループ)

第1回(1社目) カインズ株式会社(カインズグループ)

第1回(2社目) ヤオキン商事株式会社

第1回(2社目) ヤオキン商事株式会社

第2回(1社目) 多摩エレクトロニクス株式会社

第2回(1社目) 多摩エレクトロニクス株式会社

第2回(2社目) 大和合金株式会社

第2回(2社目) 大和合金株式会社

第3回(1社目) トックベアリング株式会社

第3回(1社目) 株式会社TOK

第3回(2社目) 株式会社大迫

第3回(2社目) 株式会社大迫

第4回(1社目) 株式会社CSS技術開発

第4回(1社目) 株式会社CSS技術開発

第4回(2社目) 株式会社旅籠屋

第4回(2社目) 株式会社旅籠屋

第5回(1社目) エス・エー・エス株式会社

第5回(1社目) エス・エー・エス株式会社

第5回(2社目) 株式会社松下産業

第5回(2社目) 株式会社松下産業

第6回(1社目) エム・ケー株式会社

第6回(1社目) エム・ケー株式会社

第6回(2社目) 株式会社ウインローダー

第6回(2社目) 株式会社ウインローダー

第7回(1社目) 株式会社ヒカリ

第7回(1社目) 株式会社ヒカリ

第7回(2社目) 株式会社横引シャッター

第7回(2社目) 株式会社横引シャッター

第8回(1社目) 株式会社オレンジアーチ

第8回(1社目) 株式会社オレンジアーチ

第8回(2社目) タマノイ酢株式会社

第8回(2社目) タマノイ酢株式会社

第9回(1社目) 株式会社クレアビジョン

第9回(1社目) 株式会社クレアビジョン

第9回(2社目) 株式会社ウィルゲート

第9回(2社目) 株式会社ウィルゲート

第10回(1社目) 株式会社メトロール

第10回(1社目) 株式会社メトロール

第10回(2社目) 株式会社トータルオーエーシステムズ

第10回(2社目) 株式会社トータルオーエーシステムズ

第11回(1社目) 京西テクノス株式会社

第11回(1社目) 京西テクノス株式会社

第11回(2社目) 吉田テクノワークス株式会社

第11回(2社目) 吉田テクノワークス株式会社

第12回(1社目) フットマーク株式会社

第12回(1社目) フットマーク株式会社

第12回(2社目) キング通信工業株式会社

第12回(2社目) キング通信工業株式会社

第13回(1社目) 株式会社エリオニクス

第13回(1社目) 株式会社エリオニクス

第13回(2社目) リングロー株式会社

第13回(2社目) リングロー株式会社

第14回(1社目) 株式会社コーソル

第14回(1社目) 株式会社コーソル

第14回(2社目) 株式会社ピーアール・デイリー(DACグループ)

第14回(2社目) 株式会社ピーアール・デイリー(DACグループ)

自分の子供のように「社員を育成している」優れた教育・育成企業特集/株式会社TOK/13名参加

デスク、冷蔵庫の引き出し、自動販売機の取り出し口のフタ、トイレのシートなど、身の回りの「開けたり閉めたりするもの」の多くにロータリーダンパーという部品が使われています。普段意識することはありませんが、開けっぱなしにできるようにアシストしてくれたり、バタンと閉まるのを防いでくれたりと、開け閉めのストレスを軽減するのに大活躍しています。そんなロータリーダンパーやベアリングなどの樹脂製機構部品でトップのシェアを誇るTOK(旧社名トックベアリング)を見学させてもらいました。

吉川社長、社員の皆さんを囲んでの記念撮影 吉川社長、社員の皆さんを囲んでの記念撮影

ツアー内容

人材育成にかける社長の思い
参加者が部屋に通されると、さっそく吉川桂介社長による会社概要の説明が始まりました。ここで機構部品をイメージできていない学生のために身近な例を紹介。コンビニのコーヒーマシンの扉に同社製のロータリーダンパーが使われているという話は、さすがに学生たちにも身近な話。いろんなところで役立っているイメージが湧いていたようでした。
「オーソドックスなものを複合させて、他社には作れないものを作れるのがウチの強みです。モノはヒトが作り出すものですから、人材の育成にも力を入れています」
と吉川社長。さらに、会社の経営資源といわれるヒト・モノ・カネ・情報についてこう語ります。「ヒトがモノを生み、モノがカネを生み、カネがヒト(雇用)を生み、ヒトが情報を集めるという流れがあって健全経営が成り立つのです。ですから、当社ではすべての元になるヒトを最も大事にしています」。企業が人材についてどう考えていて、どう育てているのかは、企業選びの重要なポイントの一つです。就活が本格化する前に、その視点に気づけたのは参加者にとって大きな収穫となったに違いありません。
質疑応答では「研究開発中に他社に先を越されることは?」「海外進出のための資金調達はどのように?」など具体的な質問が飛び交いました。こうした質問に対して「お客様との関係を密にすることで先を越される事はなくなります」「自己資本比率が高いので、すべて自分たちのお金でまかなえました」と本音で答えてもらえるのも、シゴトワゴンならではの経験でしょう。

働く姿をイメージしたリアルな質問が飛び交う
次は会社見学に出発です。技術職や営業職の社員が作業している現場を直に見ながら、会社の雰囲気を味わっていきます。廊下には同社のロータリーダンパーが使われている自動販売機やピアノが並べられ、道すがらロータリーダンパーが、どんなところでどんな使われ方をしているのかを体感できるという仕掛けです。実際に、学生たちはロータリーダンパーの存在と、それを作るTOKの仕事を身近に感じたようでした。
部屋に戻ってきた一行は、社員との座談会に臨みました。参加者は3班に分かれ、それぞれの卓に技術課長の高橋大輔さん、海外営業職の久保田博之さん、総務の山本幸子さんがつき、入社の動機やこれまでの仕事、やりがいをはじめとした参加者の質問に答えていきます。参加者たちも質問をある程度考えて来ているようで、「他の業種の企業や中小企業同士での連携はありますか?」「製品ができるまでの仕事の流れは?」「海外営業担当として言葉以外で苦労する点は何ですか?」と、実際に自分が働くことをイメージした質問が目立ちました。
経験談が豊富な高橋さん、海外のエピソードが盛りだくさんの久保田さん、二人とは違った視点で会社や仕事を考える山本さん。それぞれに違った角度から話が聞け、参加者にとって充実した時間となりました。

※トックベアリング株式会社は、2017年4月に株式会社TOKへ社名変更

参加者の声

中小企業の魅力を凝縮したような同社の見学を終えて、参加者からは「ニッチなニーズに応えていて面白い会社だと思った。中小企業だからできる営業と技術職の同空間での仕事が魅力的だった」「小さい部品だけど社会に役立つ重要な部品を作っていてとても誇りを持てる会社だなと思いました」「独自の技術でシェアを持っているのは良いと思った」という声が聞かれました。

  • 学生の真剣な視線に、社長の弁にも熱がこもる。学生の真剣な視線に、社長の弁にも熱がこもる
  • ベアリングの検査装置を見学ベアリングの検査装置を見学
  • 普段見えない所に、多種多彩なベアリングの世界が広がっている普段見えない所に、多種多彩なベアリングの世界が広がっている
  • 社員との座談会も盛り上がりました社員との座談会も盛り上がりました
CONTACT

東京都主催
「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

TEL03-3479-0293
(電話受付 平日 9時30分〜18時30分)
FAX03-5413-3020
Mail
東京都
Facebook Twitter
Facebook Twitter
江戸っ子1号プロジェクト 中小企業しごと魅力発信 取り組みレポート キャラクタープロフィール モノづくり、ものがたり TOKYO はたらくネット 東京しごとセンター 東京都産業労働局からのお知らせ トーキョー・カイシャハッケン・ツアー 冊子バックナンバー
pagetop

CONTACT お問い合わせ

東京都主催「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

〒107-0062 東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル西館15階(アクセスヒューマネクスト内)

TEL:03-3479-0293 (電話受付 平日 9時30分〜18時30分)

FAX:03-5413-3020

※本事業の事務局は、東京都より㈱アクセスヒューマネクストに運営を委託しております。