<中小企業しごと魅力発信プロジェクト>

中小企業しごと魅力発信プロジェクト 東京カイシャハッケン伝 東京カイシャハッケン伝

文字サイズ

menu

TOKYO SHIGOTO WAGON REPORTトーキョー・シゴト・ワゴン 実施レポート

実施企業一覧

第1回(1社目) カインズ株式会社(カインズグループ)

第1回(1社目) カインズ株式会社(カインズグループ)

第1回(2社目) ヤオキン商事株式会社

第1回(2社目) ヤオキン商事株式会社

第2回(1社目) 多摩エレクトロニクス株式会社

第2回(1社目) 多摩エレクトロニクス株式会社

第2回(2社目) 大和合金株式会社

第2回(2社目) 大和合金株式会社

第3回(1社目) トックベアリング株式会社

第3回(1社目) 株式会社TOK

第3回(2社目) 株式会社大迫

第3回(2社目) 株式会社大迫

第4回(1社目) 株式会社CSS技術開発

第4回(1社目) 株式会社CSS技術開発

第4回(2社目) 株式会社旅籠屋

第4回(2社目) 株式会社旅籠屋

第5回(1社目) エス・エー・エス株式会社

第5回(1社目) エス・エー・エス株式会社

第5回(2社目) 株式会社松下産業

第5回(2社目) 株式会社松下産業

第6回(1社目) エム・ケー株式会社

第6回(1社目) エム・ケー株式会社

第6回(2社目) 株式会社ウインローダー

第6回(2社目) 株式会社ウインローダー

第7回(1社目) 株式会社ヒカリ

第7回(1社目) 株式会社ヒカリ

第7回(2社目) 株式会社横引シャッター

第7回(2社目) 株式会社横引シャッター

第8回(1社目) 株式会社オレンジアーチ

第8回(1社目) 株式会社オレンジアーチ

第8回(2社目) タマノイ酢株式会社

第8回(2社目) タマノイ酢株式会社

第9回(1社目) 株式会社クレアビジョン

第9回(1社目) 株式会社クレアビジョン

第9回(2社目) 株式会社ウィルゲート

第9回(2社目) 株式会社ウィルゲート

第10回(1社目) 株式会社メトロール

第10回(1社目) 株式会社メトロール

第10回(2社目) 株式会社トータルオーエーシステムズ

第10回(2社目) 株式会社トータルオーエーシステムズ

第11回(1社目) 京西テクノス株式会社

第11回(1社目) 京西テクノス株式会社

第11回(2社目) 吉田テクノワークス株式会社

第11回(2社目) 吉田テクノワークス株式会社

第12回(1社目) フットマーク株式会社

第12回(1社目) フットマーク株式会社

第12回(2社目) キング通信工業株式会社

第12回(2社目) キング通信工業株式会社

第13回(1社目) 株式会社エリオニクス

第13回(1社目) 株式会社エリオニクス

第13回(2社目) リングロー株式会社

第13回(2社目) リングロー株式会社

第14回(1社目) 株式会社コーソル

第14回(1社目) 株式会社コーソル

第14回(2社目) 株式会社ピーアール・デイリー(DACグループ)

第14回(2社目) 株式会社ピーアール・デイリー(DACグループ)

自分の子供のように「社員を教育している」優れた教育・育成企業特集株式会社大迫/13名参加

建物の仕上げ作業に欠かせない左官は、古くから続く日本の伝統的な職業の一つ。大小100種以上のコテを自在に操り、ムラなく壁を塗り上げるのはまさに職人技です。この道、数十年のベテラン職人が集う大迫では、そのベテランの技を次世代へつなぐため、研修制度を充実させて若手の育成を図っています。

左官の楽しさと難しさを体験 左官の楽しさと難しさを体験

ツアー内容

職人とざっくばらんに交流会
ツアー参加者はまず、城東職業能力開発センターの一室で大迫の社員との交流会を行いました。冒頭、壇上に立った大迫正茂社長の手には左官が使うコテが握られています。左官の仕事のイメージができていない参加者のために、その場でエア壁塗りを披露。言葉だけでなく実際の動きを見ることで、会場の臨場感が高まります。
引き続き大迫社長から会社概要の説明があり、質疑応答が終わると、いよいよ社員との交流会に移ります。ベテラン職長、工事部長、営業課長、若手の男性、若手の女性と役職・性別の異なる5名が登場し参加者の質問に答えていきます。参加者から「男性が多いことに不安は?」「職人の世界は大変じゃないですか?」「器用じゃないとなれないのでは?」と素朴な質問が寄せられると、「確かにキツイことはありますが、それがやりがいになります」「大迫は業界の中では女性が多い方なので気になりません」「器用さは関係ありません」と社員からは率直な回答が返ります。
ベテランはその豊富な経験を交えてやりがいを語り、若手は成長の喜びを語る。時にざっくばらんな質疑もかわされ、交流会は真剣かつ和やかなムードのまま終わりました。

  • 女性の若手職人ならではの珍しいエピソードが聞けました女性の若手職人ならではの珍しいエピソードが聞けました

いざ壁塗り体験
交流会の後は、大迫の研修施設に場所を移して実際に壁塗りの体験です。まずはプロがお手本を披露します。右手にコテ、左手に材料のモルタルを乗せた板を持つと、コテを使って材料を器用にすくい上げ、コンクリートの壁にスーッと塗っていきます。その軽々とした動きだけを見ると、自分にもすぐできそうな印象を持ちます。
しかし、実際にやってみると、まず材料をコテですくうのが難しい。これにもコツがあるのだそうです。次第になんとかすくえるようになってはくるものの、コテを壁に滑らせようとしても均等に伸びずに、すぐかすれてしまいます。参加者は「すごく飛び散っちゃった」「あれっ?全然伸びない」「意外と力がいる」と大興奮。社員から指導を受け、少し手慣れてくると、黙々と作業にのめり込んでしまう人や2回目に挑戦する人まで表れる盛況ぶりでした。
今回、登場した若手社員2人は、参加者たちと同世代でした。彼らが一つの技を身につけ、情熱を持って働いている姿は、参加者たちの「働く意識」に大きな影響を与えたことでしょう。

  • 集合写真のあとは壁塗り体験に向かいます集合写真のあとは壁塗り体験に向かいます

参加者の声

体験を終えた参加者からは「職人さんを『かけ離れた存在』として見てしまっていましたが、今後は身近に感じられそう」「とてもにぎやかで楽しそうな会社だった」「壁塗り体験は貴重だった。人柄の良さと人の温かさに触れることができた」という声が聞かれるなど、実際の職場を目にし、体験することで、中小企業の魅力をハッケンしたようです。

  • コテと板を手に登場した大迫正茂社長コテと板を手に登場した大迫正茂社長
  • 若手からベテランまで5名の社員が来てくれました若手からベテランまで5名の社員が来てくれました
CONTACT

東京都主催
「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

TEL03-3479-0293
(電話受付 平日 9時30分〜18時30分)
FAX03-5413-3020
Mail
東京都
Facebook Twitter
Facebook Twitter
江戸っ子1号プロジェクト 中小企業しごと魅力発信 取り組みレポート キャラクタープロフィール モノづくり、ものがたり TOKYO はたらくネット 東京しごとセンター 東京都産業労働局からのお知らせ トーキョー・カイシャハッケン・ツアー 冊子バックナンバー
pagetop

CONTACT お問い合わせ

東京都主催「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

〒107-0062 東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル西館15階(アクセスヒューマネクスト内)

TEL:03-3479-0293 (電話受付 平日 9時30分〜18時30分)

FAX:03-5413-3020

※本事業の事務局は、東京都より㈱アクセスヒューマネクストに運営を委託しております。