<中小企業しごと魅力発信プロジェクト>

中小企業しごと魅力発信プロジェクト 東京カイシャハッケン伝 東京カイシャハッケン伝

文字サイズ

menu

TOKYO SHIGOTO WAGON REPORTトーキョー・シゴト・ワゴン 実施レポート

実施企業一覧

第1回(1社目) カインズ株式会社(カインズグループ)

第1回(1社目) カインズ株式会社(カインズグループ)

第1回(2社目) ヤオキン商事株式会社

第1回(2社目) ヤオキン商事株式会社

第2回(1社目) 多摩エレクトロニクス株式会社

第2回(1社目) 多摩エレクトロニクス株式会社

第2回(2社目) 大和合金株式会社

第2回(2社目) 大和合金株式会社

第3回(1社目) トックベアリング株式会社

第3回(1社目) 株式会社TOK

第3回(2社目) 株式会社大迫

第3回(2社目) 株式会社大迫

第4回(1社目) 株式会社CSS技術開発

第4回(1社目) 株式会社CSS技術開発

第4回(2社目) 株式会社旅籠屋

第4回(2社目) 株式会社旅籠屋

第5回(1社目) エス・エー・エス株式会社

第5回(1社目) エス・エー・エス株式会社

第5回(2社目) 株式会社松下産業

第5回(2社目) 株式会社松下産業

第6回(1社目) エム・ケー株式会社

第6回(1社目) エム・ケー株式会社

第6回(2社目) 株式会社ウインローダー

第6回(2社目) 株式会社ウインローダー

第7回(1社目) 株式会社ヒカリ

第7回(1社目) 株式会社ヒカリ

第7回(2社目) 株式会社横引シャッター

第7回(2社目) 株式会社横引シャッター

第8回(1社目) 株式会社オレンジアーチ

第8回(1社目) 株式会社オレンジアーチ

第8回(2社目) タマノイ酢株式会社

第8回(2社目) タマノイ酢株式会社

第9回(1社目) 株式会社クレアビジョン

第9回(1社目) 株式会社クレアビジョン

第9回(2社目) 株式会社ウィルゲート

第9回(2社目) 株式会社ウィルゲート

第10回(1社目) 株式会社メトロール

第10回(1社目) 株式会社メトロール

第10回(2社目) 株式会社トータルオーエーシステムズ

第10回(2社目) 株式会社トータルオーエーシステムズ

第11回(1社目) 京西テクノス株式会社

第11回(1社目) 京西テクノス株式会社

第11回(2社目) 吉田テクノワークス株式会社

第11回(2社目) 吉田テクノワークス株式会社

第12回(1社目) フットマーク株式会社

第12回(1社目) フットマーク株式会社

第12回(2社目) キング通信工業株式会社

第12回(2社目) キング通信工業株式会社

第13回(1社目) 株式会社エリオニクス

第13回(1社目) 株式会社エリオニクス

第13回(2社目) リングロー株式会社

第13回(2社目) リングロー株式会社

第14回(1社目) 株式会社コーソル

第14回(1社目) 株式会社コーソル

第14回(2社目) 株式会社ピーアール・デイリー(DACグループ)

第14回(2社目) 株式会社ピーアール・デイリー(DACグループ)

目のつけどころが面白い! 「ユニークビジネスモデル」企業特集/株式会社CSS技術開発/9名参加

「測量」は、まちづくりには決して欠かせない技術です。道路や工事現場などで三脚を立てて測量機を覗き込んで作業をしている人を見たことがある人は少なくないでしょう。道路やトンネル、公園や橋などのインフラは、測量なしに建設することはできません。今回は、そんな測量サービスを手掛けるCSS技術開発を訪問しました。

大山竜吾社長を囲んで集合写真 大山竜吾社長を囲んで集合写真

ツアー内容

大山社長が語る会社経営
ツアーは大山竜吾社長の挨拶からスタートしました。まず、今日は同社のビジネスの核である“測量”というものを知ってほしい、と言います。
「測量の歴史は古く、遡れば豊臣秀吉が年貢を徴収するために行った太閤検地もそうですし、日本地図を作った伊能忠敬が行ったことも、まさに測量。もちろん、当時の技術と近代の技術には隔世の感どころか、雲泥の差があり、豊臣秀吉の時代は10人以上、伊能忠敬の時代は7人以上で測量をしていましたが、現在では一人でも測量できてしまいます」。
大山社長が社長に就任したのは2016年。その前は大手監査法人や企業再生支援の企業にいたといいますから、企業診断はお手の物。創業者である先代の社長から会社を引き継ぎ、それ以降同社の業績アップを牽引し続けている、いわゆる凄腕の経営者というべき人物。
「当社の特徴のひとつは分業化です。従来は屋外での測量後、社内でデータをまとめて納品するまで職人として一人でやっていましたが、それは効率が悪い。測量する人は測量に徹して、データをまとめるのは、近くの多摩ニュータウンなどに住む主婦の方を雇用してやってもらっています。他には営業は外回りを廃止し電話だけで行うなど、とにかく効率を上げる体制が挙げられます」
普段は聞けないようなリアルな会社経営の話に、学生たちはメモを取るなど一様に真剣な様子。学生からあがった「顧客獲得には何が一番大切ですか?」という質問に対しても、「約束を守ることです。その積み重ねが、やがてはこの人にお願いすればきちんとやってくれるという信頼になります」と誠実さを表すような回答がありました。
学生からは「社長のお話は理路整然としていて説得力があり、とても刺激になりました」といった感想が聞かれました。

若手社員との座談会
その後、測量機器を実際に触れると、学生たちは一様にその性能の高さに驚愕、測量の世界の一端に触れられたようでした。次に開かれたのが若手社員3名との座談会。学生が入社半年という女性社員に「入社してから、何かギャップはありましたか?」と質問すると「男性社会で厳しいイメージがありましたが、真逆でみんな優しくてびっくりしました」と回答。3年目の女性社員には、「なぜ中小企業を選んだのか」「やりがいは何か」といった質問があがりました。
「自分にしかできない仕事がしたいと思ってCSS技術開発に入りました。中小企業は社員数が少ない半面、裁量が大きいという特徴があると思います。一人ひとりの仕事で会社が成り立っていると実感できるので、常にやりがいがあります。今は営業の仕事をしていますが、以前は現場に出て測量をしていました。自分が測量した公園が完成し、そこで子どもが泥んこになって遊んでいる姿を見ると、この仕事に就いて良かったと感じますね。今は営業をやっていて良かったという喜びをたくさん探しているところです」
こういった回答が出てくるのも職場にやりがいが満ちているからに違いありません。
時間を忘れさせるほどに盛り上がった座談会も終了時間を迎え、大山社長が締めくくりの挨拶で学生たちにエールを送ってくださいました。
「勉強したことやアルバイトで経験したこと、それに今日ここに来たことも、全ては良い経験で、全てが繋がっています。月並みですが、今を大切に一歩一歩進んでいけば必ず明るい将来が待っています。頑張ってください」

  • 会社概要を説明する大山社長会社概要を説明する大山社長
  • 一人で測量できる「おまかせ君ワンマン」の説明を受ける一人で測量できる「おまかせ君ワンマン」の説明を受ける

参加者の声

ツアーを終えた学生からは「社員の方と話せたので、どんな風に仕事をしているのかイメージが掴めました」、「社員の方がどんな軸でどんな風に就職活動をしていたのかといったことが聞けたので今後の参考にしたいです」、「実際の職場に入ったことがなかったので貴重な体験でした」などの声が聞かれ、参加した学生にそれぞれ得るものがあるツアーになったようでした。

  • 実際に現場で使われている測量機器を体験実際に現場で使われている測量機器を体験
  • 座談会の風景座談会の風景
CONTACT

東京都主催
「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

TEL03-3479-0293
(電話受付 平日 9時30分〜18時30分)
FAX03-5413-3020
Mail
東京都
Facebook Twitter
Facebook Twitter
江戸っ子1号プロジェクト 中小企業しごと魅力発信 取り組みレポート キャラクタープロフィール モノづくり、ものがたり TOKYO はたらくネット 東京しごとセンター 東京都産業労働局からのお知らせ トーキョー・カイシャハッケン・ツアー 冊子バックナンバー
pagetop

CONTACT お問い合わせ

東京都主催「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

〒107-0062 東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル西館15階(アクセスヒューマネクスト内)

TEL:03-3479-0293 (電話受付 平日 9時30分〜18時30分)

FAX:03-5413-3020

※本事業の事務局は、東京都より㈱アクセスヒューマネクストに運営を委託しております。