<中小企業しごと魅力発信プロジェクト>

中小企業しごと魅力発信プロジェクト 東京カイシャハッケン伝 東京カイシャハッケン伝

文字サイズ

menu

TOKYO SHIGOTO WAGON REPORTトーキョー・シゴト・ワゴン 実施レポート

実施企業一覧

第1回(1社目) カインズ株式会社(カインズグループ)

第1回(1社目) カインズ株式会社(カインズグループ)

第1回(2社目) ヤオキン商事株式会社

第1回(2社目) ヤオキン商事株式会社

第2回(1社目) 多摩エレクトロニクス株式会社

第2回(1社目) 多摩エレクトロニクス株式会社

第2回(2社目) 大和合金株式会社

第2回(2社目) 大和合金株式会社

第3回(1社目) トックベアリング株式会社

第3回(1社目) 株式会社TOK

第3回(2社目) 株式会社大迫

第3回(2社目) 株式会社大迫

第4回(1社目) 株式会社CSS技術開発

第4回(1社目) 株式会社CSS技術開発

第4回(2社目) 株式会社旅籠屋

第4回(2社目) 株式会社旅籠屋

第5回(1社目) エス・エー・エス株式会社

第5回(1社目) エス・エー・エス株式会社

第5回(2社目) 株式会社松下産業

第5回(2社目) 株式会社松下産業

第6回(1社目) エム・ケー株式会社

第6回(1社目) エム・ケー株式会社

第6回(2社目) 株式会社ウインローダー

第6回(2社目) 株式会社ウインローダー

第7回(1社目) 株式会社ヒカリ

第7回(1社目) 株式会社ヒカリ

第7回(2社目) 株式会社横引シャッター

第7回(2社目) 株式会社横引シャッター

第8回(1社目) 株式会社オレンジアーチ

第8回(1社目) 株式会社オレンジアーチ

第8回(2社目) タマノイ酢株式会社

第8回(2社目) タマノイ酢株式会社

第9回(1社目) 株式会社クレアビジョン

第9回(1社目) 株式会社クレアビジョン

第9回(2社目) 株式会社ウィルゲート

第9回(2社目) 株式会社ウィルゲート

第10回(1社目) 株式会社メトロール

第10回(1社目) 株式会社メトロール

第10回(2社目) 株式会社トータルオーエーシステムズ

第10回(2社目) 株式会社トータルオーエーシステムズ

第11回(1社目) 京西テクノス株式会社

第11回(1社目) 京西テクノス株式会社

第11回(2社目) 吉田テクノワークス株式会社

第11回(2社目) 吉田テクノワークス株式会社

第12回(1社目) フットマーク株式会社

第12回(1社目) フットマーク株式会社

第12回(2社目) キング通信工業株式会社

第12回(2社目) キング通信工業株式会社

第13回(1社目) 株式会社エリオニクス

第13回(1社目) 株式会社エリオニクス

第13回(2社目) リングロー株式会社

第13回(2社目) リングロー株式会社

第14回(1社目) 株式会社コーソル

第14回(1社目) 株式会社コーソル

第14回(2社目) 株式会社ピーアール・デイリー(DACグループ)

第14回(2社目) 株式会社ピーアール・デイリー(DACグループ)

一体感が強い会社。ライフ・ワーク・バランス認定企業特集/株式会社松下産業/13名参加

マンションやオフィスビル、工場などの新築・リフォームなど、総合的に建設事業を手がける松下産業。さまざまな現場が同時に動いているため、一人ひとりが高い技術力に加え、現場を動かす管理能力や、協力会社を含めた多くのスタッフを束ねる人間的魅力を備えています。そんな同社の人材育成法と、それに応える社員のモチベーションから同社の「ライフ・ワーク・バランス」の秘訣を見学しました。

座談会を経て、みんなの表情は自然と朗らかに 座談会を経て、みんなの表情は自然と朗らかに

ツアー内容

率直な質疑が交わされる
「建築に携わる人を募集していますから、文系出身の皆さんは直接、関わりがないかもしれません。しかし、だからこそ、理系・文系関わらず、いろいろな話ができると思います。なんでも聞いてください」
今回は、松下和正社長のこんな挨拶でスタートです。その後も「大手より中小に就職したいと考えている人? それはなぜ?」と参加者の反応を見ながら話を進める社長。中小企業の魅力を語る一方で、だからといって良い中小企業ばかりとは限らないと釘を刺し、「人材を大切にしている企業」「価値観が一致する企業」等、良い中小企業の見つけ方をアドバイスします。おすすめの中小企業が掲載された冊子を参加者に配り、ぜひ一度見に行ってみてほしいと、ややもするとライバルにもなり得る企業を積極的に紹介。それも自信の表れなのかもしれません。
中小企業の現実を脚色することなく率直に伝える社長の言葉には参加者たちも驚きの連続。質疑応答の時間には、「さっきの話をもっと詳しく教えてほしい」等と質問が相次ぎました。
続いて社内見学へ。ここで目玉になったのが「hikari lounge」という一室です。ここには光冷暖システムという新しい空調技術が使われています。特殊なセラミック加工をしたラジエータに温水や冷水を循環させると、壁に塗った特殊な塗料が共鳴・共振して、部屋の温度が一定に保たれるというもの。送風による冷暖房よりも空調音が静かなうえ、温度ムラができにくいといわれています。
一見普通の空間に、見たことのない技術が使われていることを知り、参加者たちは驚きを隠せない様子でした。新しいことに積極的に挑戦する中小企業の勢いを感じられたのではないでしょうか。

  • 「hirari lounge」を説明する設備部の女性技術者「hirari lounge」を説明する設備部の女性技術者

社員との座談会でライフ・ワーク・バランスの意味を考える
後半は座談会です。自己紹介では、スクリーンに映し出された4枚の写真の中から自分の思う就職活動のイメージに近いものを選び、その理由を説明するなど、ゲーム性の高いオリエンテーションでスタートしました。「流れ着いてたどり着くものだから」と波の写真を選ぶ人や、「自分の足で一歩一歩登って行くから」と階段の写真を選ぶ人など、さまざまな意見が聞かれ、そこからそれぞれのパーソナリティが垣間見えました。
お互いのことを知ったところでいよいよ本題です。「ライフって?ワークって?」「なぜバランスを取る必要がある?」「自分なりのライフ・ワーク・バランスとは」という3つのテーマが与えられます。
同社では「四方よし」というキーワードを掲げています。これは近江商人の格言「三方よし」に一つ加え、「社員よし、顧客よし、地域よし、協力会社よし」を表す言葉。つまり、関わる人間全員にとってプラスになる企業をめざしているというわけです。そんな企業で社員は実際どんな働き方をしているのか。登場した5人の社員との交流から掘り下げていきます。
「ライフ・ワーク・バランスとは?」という話題一つでも、「ライフとワークは別々のものではなくつながっている」と考える方もいれば、「充実した生活を送る一方、自分の思い描くキャリアを実現すること」と考える人もいて、それぞれの経験や働く目的によって各者各様の意見が聞かれました。参加者たちも次第に白熱し始めて、プライベートの話や就職活動中に考えていたこと、今の仕事のやりがいなど、話題は多岐にわたりました。
プライベート(ライフ)だけでなく、スキルアップやキャリアップを果たして仕事(ワーク)も充実させるのが、本来のライフ・ワーク・バランス。今回登場した5人の方々はその好例で、参加者にとって、ライフ・ワーク・バランスの本質に触れられた今回のシゴトワゴン、参加者それぞれが目指す先を考える良いきっかけになったことでしょう。

  • 松下和正社長は、中小企業のリアルを語ってくれた松下和正社長は、中小企業のリアルを語ってくれた

参加者の声

「社長の企業の選び方の話がためになりました。価値観の一致という視点でも企業選びをしたいと思えました」と社長の話に魅力を感じたという参加学生が多くいました。また、「社員の方とライフ・ワーク・バランスのディスカッションができていろいろな意見を取り入れられた」「多くの社員の方からライフ・ワーク・バランスについての意見が聞けて、自分の考えも深まった」と社員との座談会を通して、自分の考えを深掘りするのに役立ったという意見も多く聞かれました。

  • 車座になって座談会スタート車座になって座談会スタート
  • 人形を渡された人が話し手になるルール人形を渡された人が話し手になるルール
CONTACT

東京都主催
「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

TEL03-3479-0293
(電話受付 平日 9時30分〜18時30分)
FAX03-5413-3020
Mail
東京都
Facebook Twitter
Facebook Twitter
江戸っ子1号プロジェクト 中小企業しごと魅力発信 取り組みレポート キャラクタープロフィール モノづくり、ものがたり TOKYO はたらくネット 東京しごとセンター 東京都産業労働局からのお知らせ トーキョー・カイシャハッケン・ツアー 冊子バックナンバー
pagetop

CONTACT お問い合わせ

東京都主催「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

〒107-0062 東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル西館15階(アクセスヒューマネクスト内)

TEL:03-3479-0293 (電話受付 平日 9時30分〜18時30分)

FAX:03-5413-3020

※本事業の事務局は、東京都より㈱アクセスヒューマネクストに運営を委託しております。