<中小企業しごと魅力発信プロジェクト>

中小企業しごと魅力発信プロジェクト 東京カイシャハッケン伝 東京カイシャハッケン伝

文字サイズ

menu

TOKYO SHIGOTO WAGON REPORTトーキョー・シゴト・ワゴン 実施レポート

実施企業一覧

第1回(1社目) カインズ株式会社(カインズグループ)

第1回(1社目) カインズ株式会社(カインズグループ)

第1回(2社目) ヤオキン商事株式会社

第1回(2社目) ヤオキン商事株式会社

第2回(1社目) 多摩エレクトロニクス株式会社

第2回(1社目) 多摩エレクトロニクス株式会社

第2回(2社目) 大和合金株式会社

第2回(2社目) 大和合金株式会社

第3回(1社目) トックベアリング株式会社

第3回(1社目) 株式会社TOK

第3回(2社目) 株式会社大迫

第3回(2社目) 株式会社大迫

第4回(1社目) 株式会社CSS技術開発

第4回(1社目) 株式会社CSS技術開発

第4回(2社目) 株式会社旅籠屋

第4回(2社目) 株式会社旅籠屋

第5回(1社目) エス・エー・エス株式会社

第5回(1社目) エス・エー・エス株式会社

第5回(2社目) 株式会社松下産業

第5回(2社目) 株式会社松下産業

第6回(1社目) エム・ケー株式会社

第6回(1社目) エム・ケー株式会社

第6回(2社目) 株式会社ウインローダー

第6回(2社目) 株式会社ウインローダー

第7回(1社目) 株式会社ヒカリ

第7回(1社目) 株式会社ヒカリ

第7回(2社目) 株式会社横引シャッター

第7回(2社目) 株式会社横引シャッター

第8回(1社目) 株式会社オレンジアーチ

第8回(1社目) 株式会社オレンジアーチ

第8回(2社目) タマノイ酢株式会社

第8回(2社目) タマノイ酢株式会社

第9回(1社目) 株式会社クレアビジョン

第9回(1社目) 株式会社クレアビジョン

第9回(2社目) 株式会社ウィルゲート

第9回(2社目) 株式会社ウィルゲート

第10回(1社目) 株式会社メトロール

第10回(1社目) 株式会社メトロール

第10回(2社目) 株式会社トータルオーエーシステムズ

第10回(2社目) 株式会社トータルオーエーシステムズ

第11回(1社目) 京西テクノス株式会社

第11回(1社目) 京西テクノス株式会社

第11回(2社目) 吉田テクノワークス株式会社

第11回(2社目) 吉田テクノワークス株式会社

第12回(1社目) フットマーク株式会社

第12回(1社目) フットマーク株式会社

第12回(2社目) キング通信工業株式会社

第12回(2社目) キング通信工業株式会社

第13回(1社目) 株式会社エリオニクス

第13回(1社目) 株式会社エリオニクス

第13回(2社目) リングロー株式会社

第13回(2社目) リングロー株式会社

第14回(1社目) 株式会社コーソル

第14回(1社目) 株式会社コーソル

第14回(2社目) 株式会社ピーアール・デイリー(DACグループ)

第14回(2社目) 株式会社ピーアール・デイリー(DACグループ)

地域に貢献、環境に貢献。「社会貢献力の高い」企業特集/エム・ケー株式会社/5名

手付かずのままに使用されていない休耕地などを利用して、ショッピングセンターをはじめ、工業団地、各種オークション会場、配送センターなど大型の施設を開発し、地域活性化に貢献するいわゆるディベロッパー(開発業者)のエム・ケー。一つの施設が完成するまでに十数年もかかるという超大型プロジェクトを手がける人たちとの交流を通じて、そこで働く人々の仕事観を学びました。

開発真っ最中のエリアをバックに集合写真 開発真っ最中のエリアをバックに集合写真

ツアー内容

プロジェクトの規模の大きさにただただ驚嘆
「人数でいえば中小企業ですが、一人ひとりの売り上げは大手の企業にも負けていません。独自の経営手法で成果を出しているので、その様子をぜひ見ていってください」
到着後早々に行われた社内見学の折り、小林社長はこう挨拶し、訪問者を歓迎しました。同社は、ディベロッパーとして長期のプロジェクトを動かす一方、マンションや店舗のヘッドリースや不動産仲介業などの小規模事業も展開。そこで不可欠なのは、社員一人ひとりが、それぞれに大きな目標を定め、達成に向けて行動することにやりがいを覚えること。これこそが、堅実経営を支える重要な要素なのだといいます。
オフィスを見渡すと、壁には手がけた物件の写真や設計図が掲げられています。社員同士の情報交換が活発になるよう、ついたてなどはなく、全員が同じ方向を向いてデスクを並べているのが印象的でした。
社内見学を終えた参加者たちは、渡辺常務から会社概要の説明を受けました。冒頭では同社が流しているテレビCMが上映され、埼玉県久喜市の工業団地が映し出されます。
「もともとこの一帯は使われていない田んぼでしたが、私たちが開発し、企業を誘致することで税収が増え、地域の人たちの暮らしが豊かになったのです。地域社会、進出する企業、行政の三者をコーディネートするのが当社の仕事です」
あまりに大きな規模の話に、参加者たちはただただ驚き。「どれくらいのスパンで開発するんですか?」との質問には「例えばショッピングモールの場合、計画が立ち上がってから、実際にお客さんが入るまで15年かかりました」との回答が。さらに目を丸くさせていました。

  • 合間の時間で、参加者同士で交流を深める合間の時間で、参加者同士で交流を深める

座談会で質疑を交わし、現場を見て仕事にかける想いを感じる。
後半は座談会が行われました。一つ目のグループに参加するのは企画部の野嶋さんと営業部の石坂さん。いわば実働グループの二人です。部署名は分かれていても役割は入り組んでいて、細かい区別はなく、平たくいえば最初から最後までプロジェクトを動かしていかなければならない立場です。
もう一グループは営業事務を務める女性社員の前原さんと外川さん。社内の情報をまとめたり、契約書を作成したりする縁の下の力持ち。前線に立っている野嶋さん、石坂さんも、営業事務のサポートなしには戦えないと断言します。
異なる経歴を持つ2つのグループに分かれて、座談会のスタートです。実働グループに「一日のスケジュールはどんな感じですか?」と尋ねると、実際に使っている手帳を取り出して、見せてくれました。社会人のリアルな手帳を見られる機会なんてめったにありません。
また、「やりがいは?」との質問には、「企画から携わった大きなプロジェクトを成功させた時」との回答が。国も関わるような大きなプロジェクトに関わる中で、自分の力を最大限発揮できたのが喜びに繋がったと語ってくれました。
営業事務グループは、社内の情報を共有するために開かれる定例会議のノートを見せてくれました。社員が集めてきた情報のすべて、つまりエム・ケーの今週の情報がすべて詰まったノートです。それだけに中身はぎっしりと書き込まれており、参加者たちは前のめりに見入っていました。
また、「社長との距離が近いって本当ですか?」「中小企業はアットホームなイメージがあるんですが、実際はどうですか?」「休日はどれくらいありますか?」といった働き心地に関する質問も集中。概ねイメージ通りだったようですが、具体的なエピソードを交えて、さらにそのイメージを掘り下げられたに違いありません。
座談会を終えると、同社が現在開発を手がけるあきる野市の現場を見学。そこは元々、草原だったそうですが、圏央道の開発に伴って、工業地帯として開発し、企業を誘致する計画なのだといいます。現在は、一帯が切り拓かれ、建屋をつくる工事に取り掛かろうとしているところでした。
歩きながら、「ここには本当に何もなかったんだけど、今は街灯を設置したり、公園を作ったりして整備できてきた」とこれまでの経緯を振り返る社員の姿に、大きなプロジェクトがようやく形になってきたことの喜びと、大きなものを作り上げるロマンを感じさせられました。これが一生をかけてもいいと思えるほど大きなやりがいになっていることは、参加者たちにも伝わったことでしょう。

  • 野嶋さんは開発のエピソードをイキイキと語ってくれました野嶋さんは開発のエピソードをイキイキと語ってくれました

参加者の声

スケールの大きい仕事をしているだけに、参加した学生の琴線に触れる部分も様々だったようで、「不動産に対するイメージや固定観念が払拭されました」「社員が一丸となって街や地域に貢献していく。かっこいい、ワクワクする会社だと思いました」「小さな企業ながら様々な人の役に立つすばらしい成果を残していることがわかりました」と多様な意見が聞かれました。その中で、「工事中の現場に足を運ばせていただく貴重な体験ができて良かったです」と生の仕事現場を見られた感動は、どの学生も一様に口にしていました。

  • 女性同士、聞きたいこともたくさん女性同士、聞きたいこともたくさん
  • 一周20分程度の実際の開発エリアをぐるっと。近いうちに様変わりするという。一周20分程度の実際の開発エリアをぐるっと見学。近いうちに様変わりするという
  • CONTACT

    東京都主催
    「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

    TEL03-3479-0293
    (電話受付 平日 9時30分〜18時30分)
    FAX03-5413-3020
    Mail
    東京都
    Facebook Twitter
    Facebook Twitter
    江戸っ子1号プロジェクト 中小企業しごと魅力発信 取り組みレポート キャラクタープロフィール モノづくり、ものがたり TOKYO はたらくネット 東京しごとセンター 東京都産業労働局からのお知らせ トーキョー・カイシャハッケン・ツアー 冊子バックナンバー
    pagetop

    CONTACT お問い合わせ

    東京都主催「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

    〒107-0062 東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル西館15階(アクセスヒューマネクスト内)

    TEL:03-3479-0293 (電話受付 平日 9時30分〜18時30分)

    FAX:03-5413-3020

    ※本事業の事務局は、東京都より㈱アクセスヒューマネクストに運営を委託しております。