<中小企業しごと魅力発信プロジェクト>

中小企業しごと魅力発信プロジェクト 東京カイシャハッケン伝 東京カイシャハッケン伝

文字サイズ

menu

TOKYO SHIGOTO WAGON REPORTトーキョー・シゴト・ワゴン 実施レポート

実施企業一覧

第1回(1社目) カインズ株式会社(カインズグループ)

第1回(1社目) カインズ株式会社(カインズグループ)

第1回(2社目) ヤオキン商事株式会社

第1回(2社目) ヤオキン商事株式会社

第2回(1社目) 多摩エレクトロニクス株式会社

第2回(1社目) 多摩エレクトロニクス株式会社

第2回(2社目) 大和合金株式会社

第2回(2社目) 大和合金株式会社

第3回(1社目) トックベアリング株式会社

第3回(1社目) 株式会社TOK

第3回(2社目) 株式会社大迫

第3回(2社目) 株式会社大迫

第4回(1社目) 株式会社CSS技術開発

第4回(1社目) 株式会社CSS技術開発

第4回(2社目) 株式会社旅籠屋

第4回(2社目) 株式会社旅籠屋

第5回(1社目) エス・エー・エス株式会社

第5回(1社目) エス・エー・エス株式会社

第5回(2社目) 株式会社松下産業

第5回(2社目) 株式会社松下産業

第6回(1社目) エム・ケー株式会社

第6回(1社目) エム・ケー株式会社

第6回(2社目) 株式会社ウインローダー

第6回(2社目) 株式会社ウインローダー

第7回(1社目) 株式会社ヒカリ

第7回(1社目) 株式会社ヒカリ

第7回(2社目) 株式会社横引シャッター

第7回(2社目) 株式会社横引シャッター

第8回(1社目) 株式会社オレンジアーチ

第8回(1社目) 株式会社オレンジアーチ

第8回(2社目) タマノイ酢株式会社

第8回(2社目) タマノイ酢株式会社

第9回(1社目) 株式会社クレアビジョン

第9回(1社目) 株式会社クレアビジョン

第9回(2社目) 株式会社ウィルゲート

第9回(2社目) 株式会社ウィルゲート

第10回(1社目) 株式会社メトロール

第10回(1社目) 株式会社メトロール

第10回(2社目) 株式会社トータルオーエーシステムズ

第10回(2社目) 株式会社トータルオーエーシステムズ

第11回(1社目) 京西テクノス株式会社

第11回(1社目) 京西テクノス株式会社

第11回(2社目) 吉田テクノワークス株式会社

第11回(2社目) 吉田テクノワークス株式会社

第12回(1社目) フットマーク株式会社

第12回(1社目) フットマーク株式会社

第12回(2社目) キング通信工業株式会社

第12回(2社目) キング通信工業株式会社

第13回(1社目) 株式会社エリオニクス

第13回(1社目) 株式会社エリオニクス

第13回(2社目) リングロー株式会社

第13回(2社目) リングロー株式会社

第14回(1社目) 株式会社コーソル

第14回(1社目) 株式会社コーソル

第14回(2社目) 株式会社ピーアール・デイリー(DACグループ)

第14回(2社目) 株式会社ピーアール・デイリー(DACグループ)

アイディアや夢をカタチに。若手社員が活躍する企業特集/タマノイ酢株式会社/11名参加

タマノイ酢はお酢やお酢を使った調味料のほか、はちみつ黒酢ダイエットといったビネガードリンクも製造しているお酢の老舗メーカーです。新宿区西新宿にある東京本部に訪問し、社内を見学するとともに社員の方たちと一緒にタマノイ酢の新商品を企画するというグループワークも行いました。

東京本部に勤務する社員の方と一緒に記念撮影 東京本部に勤務する社員の方と一緒に記念撮影

ツアー内容

コミュニケーションを大切にする社風
タマノイ酢の東京本部は新宿センタービルの44階。「仕事で頭がぼーっとしてきたら景色を眺めて息抜きするんですよ」と話すのは採用担当の山田亜未さん。入社1年目というフレッシュさの溢れる自己紹介でツアーはスタートしました。
「弊社は明治40年創業の老舗のお酢メーカーです。ご家庭で酢飯を作るときにご利用いただくような穀物酢をはじめ、はちみつ黒酢ダイエット、ビネガードリンクなどで商品をご覧になったことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。そうした商品をスーパーや小売店、飲食店などに卸すのが主な仕事です」
説明する山田さんの横には同社の主だった製品が並べられ、「あれ、飲んだことある!」と商品を指差す学生も。「何気なく飲んだドリンクが中小企業でつくられているなんて意外だった」という感想もあがりました。
「アイディアは一人で考え抜いたところでいいものは浮かびません。新しい商品を企画するときに大切なのは社員同士のコミュニケーションです。社員同士顔を突き合わせてやり取りする中で企画は練られていくんです。私が以前いた大阪オフィスは、デスクにパソコンがあるとコミュニケーションが少なくなるとの理由でそれぞれのデスクにパソコンがありませんでした。使いたいときはパソコンコーナーに行ってというように徹底していたのでコミュニケーションはとても円滑でした」と話すと学生たちは驚いた様子。続けて、そうした企画会議を体験するグループワークが行われました。

新商品を企画するグループワーク
グループワークのテーマは、高所得者層を対象にした1本3000円のビネガードリンクを企画すること。2班に分かれてアイディア出しが行われました。「お酒にするのはどう? お酒なら1本3000円でも買ってくれるかもしれないし」、「健康志向の高い人が多そうだから、それを全面に出したものは?」、「限定商品にしようよ。そうすれば1本の価値が上がる」などと意見を交わしながら商品のコンセプトやボトルのデザインなどを決めていきました。アイディアがまとまると、それを社員の方々にプレゼンテーション。「貴重なコーヒー豆であるコピ・ルアクのリキュールにお酢を混ぜたお酒です。価格帯の高い商品が並ぶスーパー限定の商品です」、「私たちの班は、最近飲んでも良し肌に塗っても良しのココナッツオイルが流行ったことに着目し、飲んでも良しサラダにかけても良しのビネガードリンクを企画しました。材料は全てオーガニックのものを使い、デザインはおしゃれにワインボトルのような形状です」とそれぞれ細部のコンセプトまで詰めていて、社員の方々も頷きながら聞き入っていました。学生たちのプレゼンテーションが終わると、それぞれに社員の方からアドバイスを頂きました。「一方は汎用性を売りにし、一方は希少性を売りにしていて、どちらも特徴が出ていて良かったです。欲を言えば、スーパーのどこの棚に入れたいといった提案があれば、バイヤーの方も仕入れるイメージがつきやすいのではないでしょうか」といった社員のフィードバックも実際の企画会議さながらのもの。大いに盛り上がったところでツアーの終了時間となりました
「私は就職活動に苦戦し、大学を卒業する4ヶ月前まで就職活動をしていました。その頃は一人、リクルートスーツを着てキャリアセンターに行くのも嫌でしたが、自分らしく働ける企業を見つけるために諦めず続け、その結果当社に入社できました。ぜひ、最後の最後まで諦めずに自分らしく働ける会社を見つけてください」
と山田さんはこれから就活に臨む学生へアドバイスをおくってくださいました。

  • 自社製品を紹介する山田亜未さん自社製品を紹介する山田亜未さん
  • 真剣な表情で会社説明を聞く学生たち真剣な表情で会社説明を聞く学生たち

参加者の声

参加した学生からは「タマノイ酢は若手のうちから商品企画に携われるようなのでやりがいのある会社だと思いました」「企画会議なんてやったことがなかったけれど、やってみるととても面白いし、企画の仕事のイメージがついた」といった感想があがりました。中には「山田さんの就職活動に関するお話がとても良かった。私も自分に合った会社が見つけられるよう色々な企業を見て回りたい」といった意見もあり、今回のツアーがそれぞれの学生にとって良い刺激になったようでした。

  • みんなで意見を出し合って企画会議みんなで意見を出し合って企画会議
  • どちらの班も堂々とした発表でしたどちらの班も堂々とした発表でした
CONTACT

東京都主催
「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

TEL03-3479-0293
(電話受付 平日 9時30分〜18時30分)
FAX03-5413-3020
Mail
東京都
Facebook Twitter
Facebook Twitter
江戸っ子1号プロジェクト 中小企業しごと魅力発信 取り組みレポート キャラクタープロフィール モノづくり、ものがたり TOKYO はたらくネット 東京しごとセンター 東京都産業労働局からのお知らせ トーキョー・カイシャハッケン・ツアー 冊子バックナンバー
pagetop

CONTACT お問い合わせ

東京都主催「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

〒107-0062 東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル西館15階(アクセスヒューマネクスト内)

TEL:03-3479-0293 (電話受付 平日 9時30分〜18時30分)

FAX:03-5413-3020

※本事業の事務局は、東京都より㈱アクセスヒューマネクストに運営を委託しております。