<中小企業しごと魅力発信プロジェクト>

中小企業しごと魅力発信プロジェクト 東京カイシャハッケン伝 東京カイシャハッケン伝

文字サイズ

menu

TOKYO SHIGOTO WAGON REPORTトーキョー・シゴト・ワゴン 実施レポート

実施企業一覧

第1回(1社目) カインズ株式会社(カインズグループ)

第1回(1社目) カインズ株式会社(カインズグループ)

第1回(2社目) ヤオキン商事株式会社

第1回(2社目) ヤオキン商事株式会社

第2回(1社目) 多摩エレクトロニクス株式会社

第2回(1社目) 多摩エレクトロニクス株式会社

第2回(2社目) 大和合金株式会社

第2回(2社目) 大和合金株式会社

第3回(1社目) トックベアリング株式会社

第3回(1社目) 株式会社TOK

第3回(2社目) 株式会社大迫

第3回(2社目) 株式会社大迫

第4回(1社目) 株式会社CSS技術開発

第4回(1社目) 株式会社CSS技術開発

第4回(2社目) 株式会社旅籠屋

第4回(2社目) 株式会社旅籠屋

第5回(1社目) エス・エー・エス株式会社

第5回(1社目) エス・エー・エス株式会社

第5回(2社目) 株式会社松下産業

第5回(2社目) 株式会社松下産業

第6回(1社目) エム・ケー株式会社

第6回(1社目) エム・ケー株式会社

第6回(2社目) 株式会社ウインローダー

第6回(2社目) 株式会社ウインローダー

第7回(1社目) 株式会社ヒカリ

第7回(1社目) 株式会社ヒカリ

第7回(2社目) 株式会社横引シャッター

第7回(2社目) 株式会社横引シャッター

第8回(1社目) 株式会社オレンジアーチ

第8回(1社目) 株式会社オレンジアーチ

第8回(2社目) タマノイ酢株式会社

第8回(2社目) タマノイ酢株式会社

第9回(1社目) 株式会社クレアビジョン

第9回(1社目) 株式会社クレアビジョン

第9回(2社目) 株式会社ウィルゲート

第9回(2社目) 株式会社ウィルゲート

第10回(1社目) 株式会社メトロール

第10回(1社目) 株式会社メトロール

第10回(2社目) 株式会社トータルオーエーシステムズ

第10回(2社目) 株式会社トータルオーエーシステムズ

第11回(1社目) 京西テクノス株式会社

第11回(1社目) 京西テクノス株式会社

第11回(2社目) 吉田テクノワークス株式会社

第11回(2社目) 吉田テクノワークス株式会社

第12回(1社目) フットマーク株式会社

第12回(1社目) フットマーク株式会社

第12回(2社目) キング通信工業株式会社

第12回(2社目) キング通信工業株式会社

第13回(1社目) 株式会社エリオニクス

第13回(1社目) 株式会社エリオニクス

第13回(2社目) リングロー株式会社

第13回(2社目) リングロー株式会社

第14回(1社目) 株式会社コーソル

第14回(1社目) 株式会社コーソル

第14回(2社目) 株式会社ピーアール・デイリー(DACグループ)

第14回(2社目) 株式会社ピーアール・デイリー(DACグループ)

人を育てる制度と風土が優れた「社員が成長する企業」特集/株式会社メトロール/17名参加

金型や自動車部品など金属を削る工作機械。
しかしいくら機械が高精度でも、加工原点とよばれる、縦・横・高さの基準がズレてしまうと不良品が発生してしまう。
その基準を常に正確な位置に補正するのが、メトロールの『高精度 工業用センサ』。同社はこの分野で世界トップクラスのシェアを誇ります。機械油や金属片が飛び散る工作機械の悪環境下でも、0.001mmの精度で刃先の位置を補正できる精密技術で、世界64カ国以上、のべ50万台以上採用されているそうです。今回は立川市にある本社と、同じ敷地内にある工場を訪問しました。

松橋卓司社長を囲んで記念撮影 松橋卓司社長を囲んで記念撮影

ツアー内容

発明はノルマや命令ではできない
「皆さんをお迎えしても、いつも通りの仕事を全てオープンにしていますので、雰囲気や社員たちの表情を見て、会社とはどんなものなのかを知る一つのきっかけにしてください」と松橋卓司社長が挨拶しツアーはスタート。開発理念は他社のモノマネをしないこと、とお話は続きます。
「当社はいわゆる下請け工場ではなく、当社にしかできない製品開発と製造で付加価値の高い「メイドインジャパン」の製品を販売しています。売上の6割強が海外で、皆さんも一度は聞いたことがあるであろう有名な海外企業との取引もしています」
同社では、“発明はノルマや命令ではできない”という言葉をモットーとしており、社員の自立性を育てるために一年目から責任ある仕事を任せるようにしているといいます。
「目指しているのが、自転車に乗れなかった子どもが初めて乗れたときのような感動です。20代の若手社員には、仕事を通じて自ら挑戦し達成する喜びを味わってほしい」と松橋社長は話を締めくくり、一同は工場見学に出発します。
本社と工場が並ぶのは、大型ショッピングモールなど昨今発展の著しい立川市にある工業団地の一角。工場内はとても静か。地元の主婦パート社員が精密部品をひとつひとつ手作業で組み立てていました。メトロールの女性比率は、なんと61%!学生たちの、男性ばかりで暗い…といった「モノづくり中小企業」のイメージが変わったようでした。学生たちは工場内にある全てのものが新鮮に映るようで、興味津々で従業員の手元を覗き込んでいます。
「当社には1000種類以上もの製品があり、注文が入ってから一つひとつ受注生産で組み立てていきます。」
その後本社に戻り、社員の方々との座談会を行いました。

社員の方々との座談会
座談会に参加していただいたのは、松橋社長と広報などの販売促進と海外営業をそれぞれ担当している若手女性社員2名。販売促進を担当している社員には「なぜこの会社に?」「もとから機械に興味があった?」といった忌憚のない質問があがりました。
「もともと出版業界を志望していたのですが中々決まらず、業種問わずに説明会に参加しているうちに当社と出会いました。正直に言えば、機械や製品に関わるというより、社内新聞を制作したり、展示会の手伝いをしたりといった業務内容に惹かれて入社したんです。就職活動をするときは、どうしても業界から絞り込んでしまいがちですが、入った会社で何をするのか、その業務内容で判断することも大切だと思います」
海外営業を担当する女性社員に殺到したのが、「英語は必要?」といった語学関係の質問。
「私が担当しているのはタイやベトナムなどの東南アジア。英語は最低限必要ですが、相手もネイティブではないので、完璧な英語である必要はありません。むしろ、何を伝えたいのかという気持ちのほうが大切です」
松橋社長に寄せられたのが、「会社の自慢できるところは何ですか?」という質問。
「ものづくりに徹しているところでしょうか。例えば、当社の会議は敬語禁止。会議で大切なのはあくまで良い製品を生み出すことですから、それ以外は二の次。上司に気を使って言いたいことが言えなくなるなんてことをしてほしくないんです」
松橋社長も社員の方々もどんな質問でも気さくに応じてくれ、和気あいあいとした雰囲気のまま座談会は終了しました。
「本日はありがとうございました。良い巡り合い、良い縁があることを願っています。その縁を手繰り寄せるには、色々な企業を見て回るなど皆さんの努力も必要です。ぜひ、悔いのないよう自分に合った仕事を探してください」との松橋社長からのメッセージで今回のツアーは幕を閉じました。

  • 企業理念を説明する松橋卓司社長企業理念を説明する松橋卓司社長
  • 工場見学の様子工場見学の様子

参加者の声

「ものづくりの現場を見たのは初めてのことで、とても貴重な体験になりました」「海外で活躍しているメトロールという会社を知り、私が知らないだけでまだまだ良い中小企業があると感じました」といった感想があがりました。また、「業種ではなく職種で見るというのは私になかった視点」などと就職活動に役立つ新たな気付きを得た学生の声も上がりました。今回の経験が、これからの就職活動に役立つに違いありません。

  • 若手社員との座談会の様子若手社員との座談会の様子
  • 座談会には松橋社長も参加してくださいました座談会には松橋社長も参加してくださいました
CONTACT

東京都主催
「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

TEL03-3479-0293
(電話受付 平日 9時30分〜18時30分)
FAX03-5413-3020
Mail
東京都
Facebook Twitter
Facebook Twitter
江戸っ子1号プロジェクト 中小企業しごと魅力発信 取り組みレポート キャラクタープロフィール モノづくり、ものがたり TOKYO はたらくネット 東京しごとセンター 東京都産業労働局からのお知らせ トーキョー・カイシャハッケン・ツアー 冊子バックナンバー
pagetop

CONTACT お問い合わせ

東京都主催「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

〒107-0062 東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル西館15階(アクセスヒューマネクスト内)

TEL:03-3479-0293 (電話受付 平日 9時30分〜18時30分)

FAX:03-5413-3020

※本事業の事務局は、東京都より㈱アクセスヒューマネクストに運営を委託しております。