<中小企業しごと魅力発信プロジェクト>

中小企業しごと魅力発信プロジェクト 東京カイシャハッケン伝 東京カイシャハッケン伝

文字サイズ

menu

TOKYO SHIGOTO WAGON REPORTトーキョー・シゴト・ワゴン 実施レポート

実施企業一覧

第1回(1社目) カインズ株式会社(カインズグループ)

第1回(1社目) カインズ株式会社(カインズグループ)

第1回(2社目) ヤオキン商事株式会社

第1回(2社目) ヤオキン商事株式会社

第2回(1社目) 多摩エレクトロニクス株式会社

第2回(1社目) 多摩エレクトロニクス株式会社

第2回(2社目) 大和合金株式会社

第2回(2社目) 大和合金株式会社

第3回(1社目) トックベアリング株式会社

第3回(1社目) 株式会社TOK

第3回(2社目) 株式会社大迫

第3回(2社目) 株式会社大迫

第4回(1社目) 株式会社CSS技術開発

第4回(1社目) 株式会社CSS技術開発

第4回(2社目) 株式会社旅籠屋

第4回(2社目) 株式会社旅籠屋

第5回(1社目) エス・エー・エス株式会社

第5回(1社目) エス・エー・エス株式会社

第5回(2社目) 株式会社松下産業

第5回(2社目) 株式会社松下産業

第6回(1社目) エム・ケー株式会社

第6回(1社目) エム・ケー株式会社

第6回(2社目) 株式会社ウインローダー

第6回(2社目) 株式会社ウインローダー

第7回(1社目) 株式会社ヒカリ

第7回(1社目) 株式会社ヒカリ

第7回(2社目) 株式会社横引シャッター

第7回(2社目) 株式会社横引シャッター

第8回(1社目) 株式会社オレンジアーチ

第8回(1社目) 株式会社オレンジアーチ

第8回(2社目) タマノイ酢株式会社

第8回(2社目) タマノイ酢株式会社

第9回(1社目) 株式会社クレアビジョン

第9回(1社目) 株式会社クレアビジョン

第9回(2社目) 株式会社ウィルゲート

第9回(2社目) 株式会社ウィルゲート

第10回(1社目) 株式会社メトロール

第10回(1社目) 株式会社メトロール

第10回(2社目) 株式会社トータルオーエーシステムズ

第10回(2社目) 株式会社トータルオーエーシステムズ

第11回(1社目) 京西テクノス株式会社

第11回(1社目) 京西テクノス株式会社

第11回(2社目) 吉田テクノワークス株式会社

第11回(2社目) 吉田テクノワークス株式会社

第12回(1社目) フットマーク株式会社

第12回(1社目) フットマーク株式会社

第12回(2社目) キング通信工業株式会社

第12回(2社目) キング通信工業株式会社

第13回(1社目) 株式会社エリオニクス

第13回(1社目) 株式会社エリオニクス

第13回(2社目) リングロー株式会社

第13回(2社目) リングロー株式会社

第14回(1社目) 株式会社コーソル

第14回(1社目) 株式会社コーソル

第14回(2社目) 株式会社ピーアール・デイリー(DACグループ)

第14回(2社目) 株式会社ピーアール・デイリー(DACグループ)

新製品を世の中に提供。商品開発の優れた企業特集/フットマーク株式会社/13名参加

水泳帽や水着、インナーウェアや介護用品など、「水泳」、「健康」、「介護」の分野に特化したものづくりをするフットマーク。足跡のロゴマークで知られており、子どもの頃に同社の水着や水泳バッグを使ったという人も少なくないでしょう。今回はそんなフットマークの墨田区緑にある本社にお邪魔し、社内見学と新商品を企画するグループワークを行ってきました。

三瓶芳社長を囲んで記念撮影 三瓶芳社長を囲んで記念撮影

ツアー内容

1分の1視点でものづくりをする
ツアーは社内見学からスタート。まずは玄関を入ってすぐに設営されている小さな博物館と題された展示コーナーを見学しました。
「ここには水泳帽子や水着、介護用品など弊社が製造してきた製品やそれらを作ってきた道具や機械を展示しています」と紹介してくれたのは広報の吉河祐子さん。同社は、主力製品の一つである水泳帽を手掛ける以前は、赤ちゃんのおむつカバーを製造する会社だったといいます。
「おむつカバーは夏になると蒸れるという理由から売上がガクッと落ちてしまっていました。何か夏にも売れる商品はないかと考え、おむつカバーの素材とその製造過程で培ってきた縫製技術を活かして開発されたのが水泳帽だったんです」
同社のものづくりの変遷が、学生たちの関心を一気に引き寄せた様子。続けて水着などの型紙を取るパターン室や、学校用水着の開発や販売をしているフロアなどを一通り見てまわりました。見学を終えると次は三瓶芳社長のお話。
「弊社の経営理念はお客様が第一。噛み砕いて言うと、人に役立つものづくりをするということです。そこで大事にしているのが1分の1視点。普通は売上を伸ばすために万人に受けるものを目指しますが弊社の場合は少し違います。一人の方がこんなものが欲しいといったら、じゃあこんなのはどうですかと提供するというのが弊社のものづくりの原点で、極端にいったら100人いたら100個のアイテムを作る。そうした姿勢で年間で800万点もの製品を製造しています」
と企業姿勢の一端を語り、さらに「みなさんはこれから色々な会社を見て回ると思いますが、こんなちょっと変わった会社もあるんだなというのを知ってほしいと思います」と学生たちにメッセージを送り、三瓶社長はお話を締めくくりました。次に登壇したのは商品開発をしている福井夏紀さん。開発の舞台裏を紹介してくださいました。
「開発はお客様の声を拾うことから始まります。例えば螺線形のライン構造によって着用すると早く走れるようになる『速人(そくと)』という子供用スポーツインナーは、子どもが運動会でビリになってしまったという母親の声をきっかけに生まれた商品です。他にも熱中症を気にする学校や母親が多かったことから太陽光をカットする素材と風通しの良い構造にした遮熱体操帽子なども開発しています。これらは全て人の役に立ちたいというのが原点です」
質疑応答で多くの手が上がったのは、「開発を続けるモチベーションは?」といった質問。
「100個アイデアを出して採用されるのは片手で収まるぐらいですから、切り替えが大事ですね。でも、時にはこのアイデアは自信があったのに、と思うこともあります。実際、香りがする体操帽子というのを考案して頓挫しているのですが、いまだにその生地はどこかで使えると大事に取っておいています。これはヒットすると思ったら自分のアイデアに自信を持つことも大切ですね」
続いて新商品開発のグループワークが行われました。テーマは「自分の健康づくりに役立つグッズのアイデアを考えよう」です。

商品開発をするグループワーク
4〜5名のグループを3つ作りグループワークがスタート。まずは一人で商品のアイデアを考え、その後グループ内で発表し、代表者を一人決めて社員の方々にプレゼンするという流れ。それぞれのグループ内では、スマートフォンで首がこる人のためのインナー、コンビニ食が多い人のためにプラス1品を提案してくれるアプリ、アレルギーで肌が弱い人のためのあとがつきにくい水着など様々なアイデアが提案されました。その中から一つ代表を決めてブラッシュアップをしていきます。猫背を矯正するインナーに決めたグループは「ターゲットは?」「パソコンを使う職種。例えばシステムエンジニアの人とか?」「男性がよく行く紳士服のお店に置こうよ」「でも、そういうのって奥さんとかが買うんじゃないかな?だからデパートとかの方が良さそう」などと販売戦略まで練られていました。最終的にそれぞれのグループが考案したのは、姿勢が良くなる「美勢男子」、冷え性の人向けに温かい素材を使い姿勢も矯正できる「シャキットウォーマー」、肌が弱い人でも着られて、こちらも姿勢矯正の効果がある「スッキリくん」。それぞれ社員の方々の前で堂々とプレゼンをし拍手を貰っていました。
「驚いたのが全てのグループが姿勢の矯正をテーマに商品開発したこと。若い人でも姿勢を気にしているというのは新しい発見で、私の方が勉強になりました」と三瓶社長が総括し最後に学生にエールを送りました。
「まずこういうツアーに参加したこと自体が素晴らしいこと。自分で体験してみるというのが何よりも大切なことですから。これからもその行動力で色々な会社を見て、様々な体験をしてください」

  • 小さな博物館を見学小さな博物館を見学
  • 社員の方々が働いているフロアも見学しました社員の方々が働いているフロアも見学しました

参加者の声

参加した学生からは「実際に見たことがある商品が展示コーナーに飾られていて驚いた」、「1分の1視点というは聞いたことのない考え方でしたが、素晴らしいものづくりの姿勢だと感じました」など、フットマークのものづくりに関する意見が多く聞かれました。また「開発を手がける福井さんが自分の仕事をいきいきと話していたのが印象的で、自分の仕事に誇りを持っているんだと思いました。そうした方々が働いている会社に入りたいと思います」といった感想があがるなど就職活動にも役立つ経験ができたようです。

  • 経営理念を話す三瓶芳社長経営理念を話す三瓶芳社長
  • グループワークでは様々な意見が飛び交いました。グループワークでは様々な意見が飛び交いました。
CONTACT

東京都主催
「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

TEL03-3479-0293
(電話受付 平日 9時30分〜18時30分)
FAX03-5413-3020
Mail
東京都
Facebook Twitter
Facebook Twitter
江戸っ子1号プロジェクト 中小企業しごと魅力発信 取り組みレポート キャラクタープロフィール モノづくり、ものがたり TOKYO はたらくネット 東京しごとセンター 東京都産業労働局からのお知らせ トーキョー・カイシャハッケン・ツアー 冊子バックナンバー
pagetop

CONTACT お問い合わせ

東京都主催「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

〒107-0062 東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル西館15階(アクセスヒューマネクスト内)

TEL:03-3479-0293 (電話受付 平日 9時30分〜18時30分)

FAX:03-5413-3020

※本事業の事務局は、東京都より㈱アクセスヒューマネクストに運営を委託しております。