<中小企業しごと魅力発信プロジェクト>

中小企業しごと魅力発信プロジェクト 東京カイシャハッケン伝 東京カイシャハッケン伝

文字サイズ

menu

TOKYO SHIGOTO WAGON REPORTトーキョー・シゴト・ワゴン 実施レポート

実施企業一覧

第1回(1社目) カインズ株式会社(カインズグループ)

第1回(1社目) カインズ株式会社(カインズグループ)

第1回(2社目) ヤオキン商事株式会社

第1回(2社目) ヤオキン商事株式会社

第2回(1社目) 多摩エレクトロニクス株式会社

第2回(1社目) 多摩エレクトロニクス株式会社

第2回(2社目) 大和合金株式会社

第2回(2社目) 大和合金株式会社

第3回(1社目) トックベアリング株式会社

第3回(1社目) 株式会社TOK

第3回(2社目) 株式会社大迫

第3回(2社目) 株式会社大迫

第4回(1社目) 株式会社CSS技術開発

第4回(1社目) 株式会社CSS技術開発

第4回(2社目) 株式会社旅籠屋

第4回(2社目) 株式会社旅籠屋

第5回(1社目) エス・エー・エス株式会社

第5回(1社目) エス・エー・エス株式会社

第5回(2社目) 株式会社松下産業

第5回(2社目) 株式会社松下産業

第6回(1社目) エム・ケー株式会社

第6回(1社目) エム・ケー株式会社

第6回(2社目) 株式会社ウインローダー

第6回(2社目) 株式会社ウインローダー

第7回(1社目) 株式会社ヒカリ

第7回(1社目) 株式会社ヒカリ

第7回(2社目) 株式会社横引シャッター

第7回(2社目) 株式会社横引シャッター

第8回(1社目) 株式会社オレンジアーチ

第8回(1社目) 株式会社オレンジアーチ

第8回(2社目) タマノイ酢株式会社

第8回(2社目) タマノイ酢株式会社

第9回(1社目) 株式会社クレアビジョン

第9回(1社目) 株式会社クレアビジョン

第9回(2社目) 株式会社ウィルゲート

第9回(2社目) 株式会社ウィルゲート

第10回(1社目) 株式会社メトロール

第10回(1社目) 株式会社メトロール

第10回(2社目) 株式会社トータルオーエーシステムズ

第10回(2社目) 株式会社トータルオーエーシステムズ

第11回(1社目) 京西テクノス株式会社

第11回(1社目) 京西テクノス株式会社

第11回(2社目) 吉田テクノワークス株式会社

第11回(2社目) 吉田テクノワークス株式会社

第12回(1社目) フットマーク株式会社

第12回(1社目) フットマーク株式会社

第12回(2社目) キング通信工業株式会社

第12回(2社目) キング通信工業株式会社

第13回(1社目) 株式会社エリオニクス

第13回(1社目) 株式会社エリオニクス

第13回(2社目) リングロー株式会社

第13回(2社目) リングロー株式会社

第14回(1社目) 株式会社コーソル

第14回(1社目) 株式会社コーソル

第14回(2社目) 株式会社ピーアール・デイリー(DACグループ)

第14回(2社目) 株式会社ピーアール・デイリー(DACグループ)

新製品を世の中に提供。商品開発の優れた企業特集/キング通信工業株式会社/12名参加

キング通信工業は1968年の設立以来、一貫して防犯センサーや入室管理システムなどのセキュリティ機器を製造してきたメーカーです。近年では、介護施設や老人ホームに入居している高齢者がベッドから転落しそうな動作を認識し、施設職員に知らせる高齢者見守りシステムを開発するなど介護事業にも参入しています。今回は横浜市の事業所である横浜テクノセンターを訪問してきました。

同社の横浜テクノセンター前で記念撮影 同社の横浜テクノセンター前で記念撮影

ツアー内容

人の役に立つものづくり
「一般的に警備といえば、警備員の方が昼夜問わず常駐するというスタイルでしたし、介護も多くの利用者を少数の施設職員で見回らなければならないという大きな問題をはらんでいます。警備も介護もそうした人の負担を軽減し役に立ちたいという思いがベースにあるんです」と茂木俊介社長がものづくりにこめる思いを話しツアーがスタート。続けて総務課の宮本咲さんに事業内容の説明をしていただきました。
「当社は警備機器とそのシステムを扱う会社です。ホームセキュリティを例に取ると、不審者が自宅に入ってきたのを検知しブザーで威嚇するとともに警備会社の方が待機している管制センターに情報が発信されるというものです。他には防犯カメラ、オフィスに入室するときなどのカードリーダー、介護事業では高齢者見守りシステムなどを開発しています」
質疑応答の時間に移ると「文系でも入れますか?」「女性の比率は?」といった具体的な質問があがりました。
「私も文系ですし、開発部門の役員ももともとは文系出身と、理系文系関係なく働けます。総務の他にも営業や技術部門といった最前線で活躍している女性も少なくありません。また、当社は育児休暇からの復帰率が100%なんですよ」
さらに中国からの留学生から「留学生の採用は行っていますか?」といった具体的な質問もぶつけられました。
「中国の方は4名在籍しています。弊社は台湾とのやり取りもしているので海外事業がフィットするのではないかと思いますが、もちろん特性や希望が合っていれば国内営業で採用することも考えられます。いずれにせよその人自身を見ているので、国籍で判断することはありません」
続けて実機を用いた高齢者見守りシステムの紹介が行われました。

システム開発のやりがい
「40人から50人の施設利用者を2、3名の施設職員で見守るというケースが多いようですから、一人にかかる負担はかなり大きくなります。そこで開発されたのが高齢者見守りシステムです。利用者の方がベッドから起き上がったりはみ出てしまったときに、それをアラームで知らせ、そのシルエット映像をスマートフォンなどで確認できるという仕組みです」と説明するのは開発リーダーの吉村真人さん。実際にベッドに寝ている社員の方が起き上がるとアラームが鳴り、タブレット端末に映像が映し出されました。
「これはもともとシルエット画像が見られるだけの機器でしたが、施設で働く方々の意見を聞いてブザーが鳴るようにしたり、スマートフォンで見られるように改良を加えていきました。初めから設計書がある製品を作るよりも、現場を駆け回って困りごとを聞いて、それを解決するために開発していくというやり方はとてもやりがいがありました」と吉村さんは熱く語り、見守りシステムの紹介は終了。続けて情報セキュリティを扱っている部門や振動検査や静電気検査を通じて品質を検査する品質保証グループなどを見学し、社員の方々との座談会に移行しました。見守りシステムで使用されるアプリの画面レイアウトの開発に携わった女性社員には研修制度や入社の決め手に関する質問があがりました。
「入社してから3ヶ月間は本社の営業、開発、品質保証など様々な部署に配属され、会社の一通りの業務を経験します。入社の決め手は人ですね。面接を重ねていくうちに、ここの会社の人は自分の話を真剣に聞いてくれていると感じたんです」
もうすぐ就職活動がスタートする学生たちは実際の就職活動の体験に大いに関心を示し、しっかりメモを取りながら話に耳を傾けていました。
最後に開発部門の役員である室屋信吾さんからのメッセージで今回のツアーは幕を閉じました。
「高齢者見守りサービスも、勇気を持って新しい市場に挑戦したことで多くの施設の方々との新しい縁ができました。それは就職活動も同じ。悩んだり不安になることがあるかもしれませんが、そんなときは勇気を持って一歩踏み出してください。きっと良い縁が生まれるはずです」

  • 会社概要を説明していただいた茂木俊介社長と総務課の宮本咲さん会社概要を説明していただいた茂木俊介社長と総務課の宮本咲さん
  • 高齢者見守りシステムの実演もしていただきました高齢者見守りシステムの実演もしていただきました

参加者の声

参加した学生からは「ものづくりの姿勢や採用の考え方などの話から、人を大事にしている会社ということが伝わってきました」、「社員の方々が和気あいあいとしていて雰囲気の良い職場だと思いました」といった感想があがりました。また「見守りシステムの開発の話を聞いてシステム開発に興味がわいてきました」といった意見も聞かれるなどそれぞれ有意義な経験ができたようです。

  • 様々な検査をしている品質保証室を見学様々な検査をしている品質保証室を見学
  • 座談会では3名の社員とお話ができました座談会では3名の社員とお話ができました
CONTACT

東京都主催
「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

TEL03-3479-0293
(電話受付 平日 9時30分〜18時30分)
FAX03-5413-3020
Mail
東京都
Facebook Twitter
Facebook Twitter
江戸っ子1号プロジェクト 中小企業しごと魅力発信 取り組みレポート キャラクタープロフィール モノづくり、ものがたり TOKYO はたらくネット 東京しごとセンター 東京都産業労働局からのお知らせ トーキョー・カイシャハッケン・ツアー 冊子バックナンバー
pagetop

CONTACT お問い合わせ

東京都主催「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」運営事務局

〒107-0062 東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル西館15階(アクセスヒューマネクスト内)

TEL:03-3479-0293 (電話受付 平日 9時30分〜18時30分)

FAX:03-5413-3020

※本事業の事務局は、東京都より㈱アクセスヒューマネクストに運営を委託しております。